« 2012年5月 | トップページ

2012年6月17日 (日)

2012 ナゴヤ新人戦 ジュニアドッジボール大会

6月16日は
ジュニアのドッジボール大会


前期 今期と 人数不足から

スタートした中、今後もレイクを継続していきたい

という 父兄の方の熱意のもと、ジュニア(1年~3年)の子たちにも

レイクに入ってもらいたいという ご意見がありました。

この大会のために ちらし配り 近所の子たちへの声かけののおかげで

8人のジュニアの子たちが集まり 今回の大会参加となりました。

当日は、ジュニア46チーム リトル(1,2年生)5チーム

おそらく ジュニアの大会としては こんなにチームが集まった大会は

近年ないのでは? というくらい の 大きな大会でした。

ご尽力いただいた、大会関係者の方々、試合進行をスムーズに行っていただた審判方、ありがとう
ございました。


さて、レイクの戦いは。。。


その前に

当日の
レイクの戦士は、
一年生 3人
三年生 1人
四年生 4人


の 構成でした^^

予選
1回戦 対 平和が丘アタッカーズ
2-7 ×
開会式後の 第一試合ということもあり、
みんな 緊張していたのかな?
コートの中では 声もなく
アウトになった ボールも
すべて 外野に。。。


2回戦 対 Genki Kids Jr
1-5 ×
最初2分くらいは
頑張ったかな?
でも
最後は ひとりしか
内野に残ることができませんでした。


3回戦 対 UEDA キッズ Jr
この大会は、4位までが 決勝トーナメントに残ることができます。
この試合を勝たなければ、かなり 厳しい状況でした。
アウトになったけど、アタッカーの子たちが
頑張って 最後は
相手を一人にしました。

3-1 ○
初勝利^^


4回戦 対 本郷サンダーズ
ジュニアの子たち ましてや
これが 初めての 試合の子が
7人いるので 当然かもしれませんが
ベンチからの声が ほとんど届きません^^;

でも 4年生の選手が大きな声でみんなを
盛りたて 励ましてくれたおかげで
勝利♪
3-2 ○


予選が終わり、2勝2敗

3位で決勝トーナメントに上がることができました。

予選の4試合
最初は緊張でガチガチだったのが、徐々に
足が動くようになって
最初はアウトに なってもボールはコートの外にでていたのが
内野に残るようになって


試合を通じて みんな 上手くなってきているのが手に取るように
分かりました^^


すごいねぇ


特に 一年生の三人組は ジュニアとは言え、

相手アタッカーは 4年生

ボールも早く 怖かったことと思います。

でも物おじせず 三人で頑張って、内野にボールを残したのも たくさんありました。


決勝トーナメント
対 引山小波
4-0 ○
引山さんのアタッカーは パワーがありました。
どれだけ レイクの内野にボールが残せるか?
それが 勝負の分かれ目かなと思っていましたが、

守備の子たち アタッカーの子たちが 見事に
ボールを繋げてくれました。


対 上社ダイヤモンドキッズ Jr
2-0 ○
この試合
残り、2分(記憶が定かではありませんが^^;)で
レイクの内野はひとり 相手は 三人 だったかな。
しかし

ここから
内野に残った三年生が
頑張って
外野にボールを繋ぎ 勝てることができました。


これで ベスト8です。


内野 外野で 頑張った4年生たちの力は すごいものでしたが、

三年生の子のファイターぶり(何くそって がんばり)

そして一年生の子の 勇気のおかげでここまでこれたのかな^^


「三人で力を合わせて 当たっても 内野にボールを残そうね」

最初はきょとん としてましたが、

試合が進むにつれ、

「コーチ 僕 当たらなかった 試合終わったあとに 内野に残ってたよ」
「ボールをこの子(一年生)がアシストしたよ」

こんな嬉しい報告を いの一番に 嬉しそうな顔をして
言ってくれました。

対 貴船ブレーブス
0-5 ×
貴船さんはキャッチもアタックも
レイクよりも凄かったです。


最初は不安げな顔が
徐々に キラキラした顔に変わっていく

一日でこんなに成長した子たち

「ドッジ楽しい~♪」

一番嬉しい言葉を最後に聞いて

大会を終えることができました^^


大会の詳細結果は 

近日 レイクのHPにて公開されることと思います^^


Pic_0169


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ