« 10期生の船出 | トップページ | 8月7日 一色SDBC壮行練習試合 »

2011年7月25日 (月)

第21回全日本ドッジボール選手権・愛知県大会

5月の茶Cha杯以来

久しぶりの更新です。

本日行われた
第21回全日本ドッジボール選手権・愛知県大会
の結果です。

優勝:ガッツ(初)

準優勝:METS萩原

第三位:上社ダイヤモンドキッズ

第四位:UEDAキッズ

ガッツのみなさんおめでとうございます。

ガッツさんは、チーム結成13年目での初出場だそうです。

全国大会でも、今日のように元気いっぱいコートで暴れてくださいね。

さて、ここからはレイクの今日試合~


出発前の練習時に中一の先輩から

選手・監督・コーチ一人ずつにお守りを戴いて

決意新たに会場に乗り込みました

第一試合
対 TDCストライカーさん
9-7 ○

今期ただ一人の女子選手「ひなちゃん」出場w

頑張って、5分間コートに残れました

初戦で緊張の中戦ったとはいえ、

アタッカー陣大丈夫か?

第二試合
対 イナズマキッズさん
10-6 ○
やっと、アタッカー陣も腕を振り切って投げれるようになってきました

タカアキのキャッチ、外野からのアタックは光ったね

この試合から参加のキョウヘイもしっかりキャッチ出来ました

2勝で予選1位上がりです


決勝トーナメントは、2回戦よりです。


対 有松T-REXさん
6-7 ×
相手外野サイドに振られてのアタック→アウト

横に手を出してのアウト

ボールから逃げてのアウト

攻撃陣は、逃げの気持ちのアタック

有松さんは強かったですが、

レイクも先ほどの試合とは別チームのようでした


今日の日を迎えるにあたり

今期は、当初

人数不足から

合同チームでの大会出場

単独チームとしては大会にすら出場できないことが続きましたが

子供達、ご父兄方のドッチに対する情熱に賛同してくれた仲間が増え

6月になって、やっと15人のレイクの仲間で練習、試合をすることが出来、

また、全国大会を狙える体制になりました。

全国大会を目指すのは私達、監督・コーチ・ご父兄方ではなく


選手たちみんなです。


今日の大会で勝ち進むことのむずかしさ

上位に残ったチームとレイクの違いが

観客席からみていて

それぞれの選手は分かったことと思います


何ができないかでなく

何をすべきかが


選手達は、

今日の悔しさを胸に持って

この夏、いっぱい足し算をしていこう

走ることが苦手な選手は走り込み

フォームが固まっていない選手は

投げ込み

守備の苦手な選手はステップの練習

自分で出来ることは

いくらでもあるはず

気づいて、行動した選手だけが次の目標が見えてくると思うよ


さあ、春に向かって・・・

|

« 10期生の船出 | トップページ | 8月7日 一色SDBC壮行練習試合 »

コメント

先日よりお世話になっております新入
団Jの母です。

新入団メンバーにとっては、立て続けに
試合に参加できる事だけでも嬉しいこと
と思います。

自分があたってゲームが終わるという経
験をした、、、
とても衝撃だったようで、県大会の朝は
見たことのない顔をしていました。
予選二試合目、とてもいい状態で勝つ事
ができ、泣きそうな程うれしかったと観
客席に戻る途中に言っていました。
が、、、、、、

ドッジをはじめて数日 悔し泣き、喜び
笑う、彼の人生経験としては多くの事を
身に受けています。
ドッジに対して考える事、やらなければい
けない事 無限に増えています。

何年も続けているメンバーにとっては
歯がゆい事も多くあると思いますが、
新入団メンバーJ 腹筋、腕立て、キ
ャッチボール、ランニング。。。と、
自主練がんばっているので、もう少し
の間見守ってくださいね♪

公式ドッジボールを知って、まだまだ
日が浅く、家族全員の生活リズムもガ
ラリと変えることとなって、まだまだ
正直慣れません。
慣れる頃には卒団かも。。。と思うと
悲しいですが、本人がとてもがんばっ
ている姿がハッキリ見えるので、残り
時間は少ないかもしれませんが、悔い
なく「どっじの日々」を過ごしてほし
いです。

投稿: 新入団Jの母 | 2011年8月 3日 (水) 17時47分

県大会が終わり、新しい目標に向かい始めました。

10期生としてスタートしたばかり。
何もかも手探りで始めたばかり。
でも、新しい子や何年もやっている子の違いはコートに立てば関係ないですよね。
チーム全員が仲間です。

その中で自分に出来る事を見つける事が出来た子や、仲間を思う気持ちがある子は変わります。
変わってきます。

私達親が出来る事はほんの僅か。
ドッジボールが好きなら、子供達が自分で見つけてくれるはず。
ドッジボールをやるもの試合に出るのも子供達自身です。
子供達の力は無限です。楽しみですね。

きっと辛くて逃げ出したくなる事も沢山あると思います。
でも仲間が支えあい、一緒に頑張ってくれると信じて、悔いのない様に一生懸命頑張って欲しいです。


投稿: たか母 | 2011年8月 3日 (水) 21時12分

新入団Jの母様
コメントありがとうございます
J君にとって、
初大会での
サドンデスのあのシーンは
きっと
彼の心にずっと残ることでしょうね

あのときから
彼の顔つきが変わったように思います
練習、試合の時に凄くいい顔をしていますよ

真面目なJ君のことなので
この夏
一皮も二皮もむけて
くれることと思います

母様も
ドッジ中心のリズムに慣れるのは
大変でしょうが
まだ、半年ありますので
先を見てサポートしてあげて下さい

投稿: らっしゅ | 2011年8月 6日 (土) 16時29分

たか母様
コメントありがとうございます

6月に入り
やっとメンバーが揃って
7月の県大会は
正直どれくらい
子供達がやってくれるのか
未知数での試合でしたね

コートの中で戦うのは
選手たち

彼らも
ご父兄方、先輩達のサポートが
あってこそ
試合に出場できるってことを
全員が認識してくれると

また
結果がついてくると思います

たか始め
6年生の皆のより一層の
奮起を期待してます^^


投稿: らっしゅ | 2011年8月 6日 (土) 16時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95015/40942499

この記事へのトラックバック一覧です: 第21回全日本ドッジボール選手権・愛知県大会:

« 10期生の船出 | トップページ | 8月7日 一色SDBC壮行練習試合 »