« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月30日 (金)

4月29日練習試合

 昨日29日は「昭和の日」

 元々は、「天皇誕生日」です

 子供達は知っているかな

 ウチの子達はみんな?でした

 そのゴールデンウィーク初日は
 マッキューズさんの本拠地にお邪魔しての練習試合でした。
 マッキューズのみなさん、保護者の方々
 対戦していただいたチームのみなさん
 ありがとうございました。

 日進レイクは20試合で6勝13敗1分

 負け越しはしたけど
 負けた試合はほとんどが2点差以内

 もう少し一人ひとりの力がつけば
 
 追いつくことができるはず

 コウスケ
 いいキャッチが2発あった

 シュウヘイ
 しっかり膝をついてキャッチが出来ていた
 
 
 カイタ
 当たりが強いからかなジャンプボールたくさん捕れたね

 個々のプレーではそれぞれ光るものはあったけど
 チームとしてはどうだろう

 せっかくキャッチしてマイボールにしたボールを
 不用意にアタックを打って
 暴投を投げて
 相手にやすやすと渡してなかったか?
 
 一球の重み
 もっと感じよう

 さあ、
 明日から
 毎日ドッジボール
 楽しみだね
 
 練習は苦しいけど
  
 修行じゃないよ
  
 大会で最高のプレーをするために必ず流さなければならない汗
 
 練習したからこそ
 
 膝つきキャッチが出来るようになったし

 当たって外野に行っても
 
 アタックを決めて帰ってこれるようになった

 2日間一生懸命練習して
 
 避球祭
 茶Cha杯
 
 ドッジボールを楽しもう

 

 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月26日 (月)

ゴールデンウィーク

 あと、2日学校へ行ったらゴールデンウィークが始まる。
 ドッジキッズにすれば
 練習試合、大会が続く死のロード
 
 レイクは
 29日 練習試合
 3日 避球祭
 4日 西尾茶Cha杯
 その他も練習、イベントと
 
 ドッジ漬の日々
 
ありがたいことだ(と思うのは大人だけかcoldsweats01

 まだ9期生は始まったばかりだけど
 
 ほとんどの選手は8期生からの持ち上がり
 
 どの大会、練習試合も全力で相手に立ち向かわなければならないのは当然だ

 その分みんな疲れて、
 
 ちょっとしたことで怪我をしてしまったり
 
 投げ過ぎて故障なんてことにもなりかねない

 今のところ
 チームは固まっていない

 監督もいろんなことを試して
 
 みんながどれだけできるのか見ていると思う

 昨日の試合
 
 ある選手はキャッチしたら

 すべてアタックを打った

 中々決まらない

 しかし彼は言われた通りアタックを打ち続けた

 そして決まった

 ぎこちないながらも彼は喜びを体いっぱい表した

 入部して間もない選手は

 時速50kmの渾身のアタックを打った

 もちろん相手をあてるために

 
 それでいいんだよ

 自分の今の力が分かれば
 
 自分の力が足りないことが分かれば

 次の練習に生きる
 
 何が自分に足りないのか
 
 自分はどんな練習をすればいいのか

 考えてみよう

 話は横道にそれましたが

 このゴールデンウィーク16人全員でドッジボールを楽しもう・・・ね

 楽しみだup

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月25日 (日)

たまごのから

 本日は午後から
 植田小学校にて審判講習会に参加させていただきました

 レイクは少しだけ遅刻

 主催者様
 ご迷惑をおかけしましたcoldsweats01

 スタートは11人

13,14,16番は先発出場して

自分達が日ごろ練習した成果を発揮する機会がたくさんありました。

特にコウスケ、シュウヘイは6年生

これから、ひとつひとつの大会が最後の大会

入部してまだ間もないかもしれないけど

その他の先輩6年生とは経験が少ないだけ

経験が足りない分は練習量で補うしかない

幸い、君達は体格もよく、性格もよい

残り少ない試合に少しでも出たければ

他の5年生、6年生より多く練習せねば

いつも練習に来てくれているOBのイツキは

5年の夏にドッジを始めました。

当時のレイクでは一番遅咲きです。

現役の時は守備専門でしたが

同じ6年より遅く入って下手くそなのは分かったいたので

追いつくために一生懸命練習していた

彼は決して派手なプレーヤーではなく

どちらかというと地味な選手

5年の時、大会では予選リーグの試合に出るくらい

6年生の時も背番号はふたケタ

しかし、彼は試合中はアタッカー達に声をかけ

守備では地味ながらも当たらないキャッチする工夫を彼なりに考えた

そのために努力した

コウスケ、シュウヘイは彼より半年ほど入部は遅いかもしれないが、

ドッジボールが好きなら

上手くなりたいって気持ちがあるなら

必ず上手くなる

練習で、誰にも負けない大きな声を出してみよう

これだけでもレイクでNo.1の選手

カウントを数えるとき誰よりもまっすぐ手を上げてみよう

絶対目立つ!!

試合に出るためにはみんなにボクは試合に出たいから
これだけの事が出来るから
オレを使ってくれ
って
いうんだよ

絶対出来る

絶対あきらめるな

ドッジが好きなら

上手くなりたいなら

絶対に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月21日 (水)

理事長杯大会結果

理事長杯の大会結果をホームページにUPしました。


昨年度は大会結果を全く更新することができずにずっと工事中でしたが、

Kパパが今期はスコアをまとめて下さるので
できるだけUPしたいと思いますhappy01

Kパパよろしくお願いします。

仕事柄、統計をとるのが好きなんですね
今大会の予選(競技の部のみ)

で見てみると

予選全45試合
スコア
1点差以内→ 9試合  20% 
2点差以内→ 8試合  18%
3点差以上→ 28試合 42%

内野人数が一試合平均が一番多いチーム  10.25人
外野人数が〃       〃  少ないチーム  3.75人

さて何を物語っているのでしょう

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月19日 (月)

一般練習

 日曜日は日進レイクスピリットの一般チーム「SPIRIT」の練習日でした

 子供達のオフィシャルチームに負けじと今期初練習を行いました

 PM6:30から9:30まで、鬼キャプテンの元みっちりと

 練習をしていていつも思うのが、ママパパ達の自分達の体力の限界を超えたプレー

 見ていて怪我をしないかヒヤヒヤ

 しかし、何事も常に全力を出すがオフィシャルの子供達ともどもチームの方針

 OBであるヒロアキパパなんぞ、顔面に2回も当たってもなんのその

 内野外野で3時間走りまくり

 もう怪物の域だtyphoon

 フクトママなんぞ、太ももに大きなキスマークをつけられても平然と内野のコートに立ち

 強烈アタックを大きな懐でバシバシキャッチ

 本当に頼もしい面々

 子供達にもきっと良い影響を与えていることであろう(汗、いやあるはずと確信している

 
 こんな熱い「SPIRIT」と対戦したいチームがあれば

 いつでもどうぞ

 受けて立ちます

 ただし、チームの平均年齢40以上でお願い・・・・・ネcoldsweats01
 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年4月17日 (土)

第8回名古屋市理事長杯なごやかドッジボール大会

 本日は、名古屋市理事長杯大会に参加させていただきました。
 大会関係者、審判の方々ありがとうございました。
 

 レイクの成績は
 9-8○ 城西ビクトリーさん
 11-6○ エンデバー猪高マッハさん
 10-10△ マッキューズさん
 10-6○ UEDAキッズさん
 
 予選一位通過

 決勝トーナメント
 11-2○ 有松T-REXさん
 11-2○ ホワイトレボリューションさん
 9-9△(9-8○) 城西ビクトリーさん
 決勝
 香流ファイターズイーグルさん
 9-4○
 8-4○
 
 優勝することができました。

 対戦していただいたチームの方々ありがとうございました
 慢心することなく次に対戦させてもらうときも
 全力で頑張りたいと思います。
  
 選手のみんな、父兄の方々おめでとうございました
 
 ハツミ、ナイスプレーだったよ
 これでもう一歩前に踏み出せたねV
 
 チームとしての課題もいっぱい残った大会でした

 船出は始まったばかり
 
 キャプテン マサ 以下
 チームみんなでしっかり舵を握り

 同じ方向に進んでいこう!!


P1010209


 
 

 
  

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

9期生始動!!

 土曜日は、日進市の総合開会式(今年度の市体育協会の一員として参加)が挙行され、4月の一番最初の公式行事として参加させていただき、いつも「よし今年も頑張ろう!」って、気持が引き締まる(のは私だけか・・・)
 
 そして、本日は最初の練習試合、審判講習会のお手伝いをさせていただきました。
 
 審判としてデビューされる方、すでに審判として活躍されている方のステップアップのための場なので、非常に張りつめた空気の中で実施されました。

 この時期に試合をさせて戴き、たいへんありがたい会でした。

 レイクは、今日は声を掛け合う、思い切ったプレーを目標とした。
 
 できた子、できなかった子それぞれだったと思うが、

 その中でキャッチ後アタックを打った選手
 
 カイト
 ハツミ
 トモヒロ
 リョウヘイ

 たとえ捕られたとしても

 非常にいいプレーだった

 もうひとつ欲をいえば一瞬の躊躇(まよい)が
 決まらなかった原因だと思う
 
 もしキャッチしたらどこにアタックを打つまで考えていたかな

 

 よく言っていることだが
 
 やってみよう
 自分の力がどこまで通用するのか
 
 スーパーアタッカーがどんどんアタックを決めてくれて
 たとえ内野人数が4人5人でも勝てるようなチームではない

 12人みんなが主役
 
 すきあらば
 おれが決める
 
 キャッチングではだれにも負けない

 アタッカー達に攻めどころを教えることができる

 たとえ外野にでても帰ってくる
 
 帰すために動ける
 
 5分間の試合中12人みんながこの試合はボク(わたし)はこんなことをした

 言えるようになった時
 
 9期生としてのレイクが始動するとき

 決して難しいことではない
 
 今日はみんなきっかけをつかんだんだから

 最後にカイタ
 
 もう少しで殻が破れる

 少しの弱気の虫さえ退治すれば

 基礎体力は誰にも劣らない、頑張る気持も人一倍

 自信さえつけば、
 
 努力はうそはつかない
  
 

 
   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »