« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月22日 (火)

日焼け

 連日35度を超える猛暑日が続いていますが、日頃会社の中と、体育館で過ごしているので、この夏はあまり日焼けをしていません。  今日は久しぶりに現場(外)に一日いてそれも木陰に・・・  しかし、帰ってきたら子供達に「どうしたの鼻のあたまは!?」  と言われて、鏡を見ると真っ赤になっていました。  おまけに時計の跡がくっきり  やはり紫外線の影響はすごいですね。  ココ数年は、日焼けするとその年の秋には顔のシミが一つまた一つと増えてきて、老化現象が顕著に表れています。  せめて40肩にならないように練習ではバンバン肩をブン回していきたいです!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月10日 (木)

県大会前の最後の練習

 今日は、県大会前の最後の夜練でした。今日といっても日にちは変わって今いましたが、正確には水曜日です。  父兄の方の見学も多く、熱い眼差しの中、そして何よりも、6期生(中一)全員と、中二の先輩計7人が後輩たちのために来てくれたことが嬉しかったです。  今日一日で格段にうまくなったとはいえませんが、先輩たちの思い、父兄の方たちの思い、みんなの思いを持って、県大会に望みたいです。  子供たちはこれがどれだけすごいことか、あまり実感はないでしょうが、これも日進レイクが積み重ねてきた歴史があるからこそです。  話はそれますが、  今日、ヤフー動画で、プロ野球、阪神タイガースの金本選手のドキュメントがあったので見てました。彼は、骨折、足のじん帯損傷、数々の怪我をしながらも、ここ数年、1200試合近くフルイニング出場しています。ようするに、勝っていても負けていても、試合が終わるまでグランドにたち続けているということです。  彼は言っていました。「野球をやめたら、やりたいことはいっぱいある。毎日トレーニングをしなくてもいいと思ったらどれだけ楽か。トレーニングを趣味ですることができたらどれだけ楽しいか。しかし、まだまだ自分は(現役で)やれる。やり続ける。」もう、修行僧の域です。しかし、彼のひたむきさ、パワー、どれもがファンに愛され、チームメイトに尊敬される存在となっています。  彼は試合前に、鏡の前でバットスウィングをして自分で納得がいくスウィングができるまで振り続けるのだそうです。  ドッジボールとは関係ありませんが、スポーツの一流選手の妥協しない姿勢、あくまで謙虚で、少しでも上を目指そうという向上心は見習うべきところがたくさんあります。  トップを目指すチーム、選手は謙虚で、妥協しない、向上心を常に持っている。最近ある強豪チームを見てまさにそこに「金本選手」を見ました。       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »